男性には特有の薄毛がある。

髪の毛は、年を取るとともに男性も女性も同様に薄くなっていきます。
しかし、女性に比べると男性の薄毛は激しいように思えます。
これは男性特有の、男性型脱毛症と呼ばれるものがあるからです。
男性型脱毛症は、
男性ホルモンのテストステロンが原因と言われており、
全国で1200万人程度の人にこの症状が現われています。
男性型脱毛症は進行性のものです。
時間が経つとともに症状は進行していき、
どんどん薄毛が進んでいきます。
症状としては、生えてくる髪の毛が細くなっていき、
またきちんと育たなくなっていくというものです。
その結果、髪の毛が減っていってしまうのです。
髪の毛の成長を阻害するのは、
テストステロンが変化して出来る、
ジヒドロテストステロンという物質です。
男性型脱毛症に効く薬というものもあり、
このジヒドロテストステロンが生成されないように作用します。
こういった薬は、男性ホルモンに働きかけるものなので、
女性の薄毛や、円形脱毛症といったものには
効果がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>