薄毛と自律神経の関係。

自律神経は交感神経と副交感神経とに分かれ、
交感神経が筋肉などの機能を、
副交感神経が内臓などの機能を司っています。
交感神経が優位に働くと身体が活動的になる代わりに、
毛細血管への血流が悪くなります。
つまりは起きている状態です。
一方で副交感神経が優位に働くと、
身体がリラックスした状態になり、
毛細血管の血流が良い状態になります。
この状態だと、新陳代謝も活発になります。
つまりは寝ている状態です。
このような自律神経のバランスがきちんと保たれている事が、
髪の毛の健康のためにも重要になってきます。
自律神経のバランスが崩れると、
血圧が乱れやすくなり、毛細血管が収縮し、
髪の毛への栄養が不足してしまう事になってしまいます。
そうなると髪の毛への影響が避けられず、
脱毛につながってしまいます。
生活習慣やストレスによって、
自律神経は乱れがちとなります。
そうならないように、規則正しい生活と、
ストレスを解消していくようにしていく必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>