頭皮の状態の薄毛への影響を考える。

頭皮の状態を整えることが、
薄毛対策として重要になってきます。
頭皮の状態が悪いと、
どうしても髪の毛に悪い影響が現われて、
薄毛につながってしまうのです。
頭皮の色の場合を考えてみます。
頭皮は普通、白い色をしています。
これが赤すぎたり、ピンクだったり、黄色だったりすれば、
頭皮の状態が悪いと判断できます。
フケを見ても問題が分かります。
フケは頭皮の新陳代謝の結果として出てくるものなので、
正常な状態でも出てきます。
しかしフケの量が多すぎる場合は、
男性ホルモンの分泌に異常があり、
新陳代謝が活発になり過ぎていると考えられます。
男性ホルモンは薄毛に深く関わっているので、
フケが増えすぎていると、
薄毛の前触れだと考えた方がよさそうです。
また、頭皮の硬さも注意点の一つです。
頭皮が硬いと血流が悪くなり、
薄毛の原因となるのです。
頭皮マッサージなどで頭皮をほぐしていく事が必要となるでしょう。
頭皮の状態と薄毛には、
深い関わりがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>