髪の毛と食生活の関係とは。

現代の乱れがちな食生活では、
身体の健康を保つ事が難しくなっています。
当然これは、髪の毛の健康にも悪い影響があります。
食べ物は豊富にあるのに、
栄養分が不足しているのが、
現代の食生活です。
急いで食事をするあまり、
必要な栄養が吸収されないといった問題も、
指摘されています。
食材と髪の毛の影響について考えてみます。
肉類を多く食べると、
油脂の吸収が多くなり過ぎて、
頭皮の油分が過剰になってしまいます。
これは髪の毛にとって、良い状態ではありません。
野菜やビタミンを摂る事で、
油脂を分解する事が出来るので、
肉を食べるなら
野菜も豊富に食べるように心掛けた方がいいでしょう。
また、野菜に含まれるビタミンは
血行をよくするという作用もあります。
髪の毛はタンパク質で出来ているので、
タンパク質を含む食品、
例えば大豆などを食べるのも、
髪の毛の為にはいいでしょう。
アミノ酸も髪の毛に必要な栄養素です。
魚介類や海藻類を食べる事で、
アミノ酸も十分に補給しておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>