髪の毛とストレスの関係とは。

現代社会では、
どうしてもストレスの溜まる生活を送らざるを得ません。
そうしたストレス社会の中で生きるというのは、
髪の毛にも良い影響を与えません。
ストレスで髪が抜けたというのは、よく聞く話です。
では何故ストレスが髪に悪い影響を与えるのでしょうか。
ストレスを受けると、
自律神経が乱れて毛細血管が収縮してしまいます。
そうなると、髪の毛へ適切な栄養分が行き渡らなくなり、
ヘアサイクルが乱れてしまうのです。
その結果、髪が弱り、脱毛へとつながってしまうのです。
また、ストレスは男性ホルモンの一つである、
テストステロンを過剰に分泌してしまいます。
このテストステロンは毛母細胞の活動を抑制してしまう
という作用があると言われています。
毛母細胞の活動が抑制されると、
髪が正しく成長しなくなります。
これもまた、
ストレスが髪に悪い影響を与える理由の一つです。
このように髪の毛に悪い影響を与えるストレスですが、
現代社会の中では完全に無くす事は難しいでしょう。
出来るだけ、気分を落ち着かせる時間を作ったり、
ぐっすりと眠れる日を作るなどして、
ストレスへの対処としたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>