髪の毛と不摂生の関係とは。

タバコにはさまざまな害がある事が知られています。
髪の毛にも悪い影響を与えてしまいます。
タバコには、
毛細血管を収縮させてしまうという、
作用があるのです。
毛細血管が収縮すると、
髪の毛への栄養供給が滞り、
髪の成長を阻害してしまいます。
ヘアサイクルが乱れ、
髪の毛が弱ってしまいます。
そのまま脱毛につながるでしょう。
止められるなら、
髪の毛の為にもタバコは止めてしまった方がいいでしょう。
アルコールもあまりよくありません。
アルコールが直接髪の毛に作用する事はありませんが、
髪の毛に成長に必要な、
マグネシウムやビタミンB群を体外に排出してしまうという、
問題があります。
やはり成長が滞り、髪の毛は弱ってしまうでしょう。
睡眠不足も問題です。
髪の毛は他の身体の部位と同じように、
夜の間に成長します。
しかしその時間帯に起きていると、
成長が邪魔されてしまいます。
このように、不健康な生活は、
髪の毛にも悪い影響を与えてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>