髪の毛の構造はどうなっているか。

一本の髪の毛はどのような構造になっているのでしょうか。
まずは外部に露出している部分です。
一般的に髪の毛と言った時に指す部分ですね。
これを毛幹と言います。
頭皮の内側にある部分をまとめて毛根と言います。
毛根の先、髪の毛の根元には毛球と呼ばれる部分があります。
球状にふくれた形をしています。
毛球にはへこんだ部分があります。
これを毛乳頭と呼びます。
毛乳頭は頭皮とつながっていて、
血管や神経が通っています。
髪の毛の大切な部分になります。
毛乳頭を覆うように、
毛母細胞があります。
毛母細胞は激しく細胞分裂を行ない、
分裂した細胞が髪の毛となって伸びていきます。
毛母細胞が細胞分裂するのに必要な栄養分は、
頭皮の毛細血管から毛乳頭を通じて送られてきます。
育毛や増毛について考える時、
この毛母細胞の細胞分裂を活性化させるというのが、
重要な問題として挙げられてくるのです。
毛母細胞に適切な量の栄養を送れるかどうかは、
毛細血管の血流が適切かどうかにかかっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>