髪の毛はヘアサイクルに従って成長する。

髪の毛が生え、抜けるまでの間、
ヘアサイクルと呼ばれる成長の過程を経ます。
まずは成長期です。
成長期の間に髪は育ち続けます。
毛乳頭を通じて頭皮から栄養を受取り、
毛母細胞が激しく細胞分裂し、
どんどん髪の毛は伸びていきます。
この期間が2年~7年程度続きます。
次に退行期です。
退行期に入ると、髪の成長は止まります。
毛母細胞の細胞分裂も収まり、
毛乳頭が頭皮から離れてしまいます。
この期間は2週間~3週間程度になります。
次が休止期です。
毛乳頭が収縮していき、
いつでも脱毛が出来る状態になります。
2週間~5ヶ月程度と考えられています。
このようなヘアサイクルが正常に行なわれないと、
弱い髪が生えてくるといった、
弊害が現われてきます。
ヘアサイクルを終えると脱毛しますが、
髪の毛は1日50~100本程度脱毛していると言われ、
通常この程度なら問題はありません。
脱毛するのは自然な事なのです。
ただ、極端に脱毛が増えてきたとなれば、
薄毛の心配をしないといけなくなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>